最終更新:

いつも大人気のお店が空いていたので

カテゴリー 週末に向かうところ
天気が悪かったのでお店が空いていた

その日は雨だったこともあって、すごく人気のあるガールズバー店の店内はガラガラでした。いつもなら多くの人で賑わっているので、ラッキーと思いつつ、他の客がそんなにいないから今日はもしかしたらと期待を抱いて入店。

実は、このお店にはとても綺麗な女の子が一人います。もちろん他の女の子も可愛い子ばかりなんですが、彼女は飛びぬけて美人。ただ、お店で何度も見かけたことはあったんですが、カウンター越しにお話しをする機会は今まで一度もありませんでした。

それもそのはず、常に彼女目的で来店する男性客が絶えないため、どうしても競争率が高くなり、チャンスもその分減ってしまいます。だから今日のようなお店が暇な時なら目の前に立ってもらえるのではないかと淡い期待をもって入店したんです。

待望の彼女が目の前に

待望の女の子が目の前に

ついにこの日がやってきました。他の男性客同様、彼女を目的にこのガールズバーに通うこと数カ月。彼女が目の前にやってきたんです。そしてちょっと会話をしてみて、彼女がどうしてここまで男たちを虜にしているのかあらためて理解しました。

優しい雰囲気、冗談が上手い、会話のテンポも絶妙なので、気付けば彼女にどんどん心を奪われていました。見た目が魅力的なだけでなく、一言で言えば、男が女の子に何を求めているのかをよく分かっているなと。

おかげさまで、その日はいつも以上に心地よい時間を過ごすことができました。次にいつになるか分かりませんが、また話せることを期待して来店したいと思います。